仕事や日常生活で取り入れたいワイヤレスチャイムのメリットを紹介

仕事や日常生活で取り入れたいワイヤレスチャイムのメリットを紹介

ワイヤレスチャイムを導入することで得られるメリット

人差し指を立てる

ワイヤレスチャイムは、離れた場所から手軽に呼び出しが可能ということで、様々な場面で利用されています。よく使われているのが飲食店です。各テーブルにワイヤレスチャイムを設置し、お客様が用がある時にボタンを押すことで、スタッフを呼び出すことができます。ワイヤレスチャイムの大きなメリットになるのが、導入が手軽ということです。ワイヤレスで繋がっているため店内に配線工事をする必要がなく、チャイムを導入したいと思えばすぐにでも設置することができます。接客の質がアップするというのも導入する大きなメリットです。

ワイヤレスでチャイムと繋がっている受信機を店内に設置しておけば、お客様の呼び出しにもすぐに対応できます。お客様に待ち時間のストレスを感じさせることがなくなり、接客の質がアップします。接客の質が高まればリピーターも増え、売上アップも見込めるでしょう。少人数で運営している飲食店にも、ワイヤレスチャイムを導入するメリットはあります。用があればチャイムで呼び出されるので、常にお客様の動向を気にする必要がなくなります。業務の負担が少なくなり、少人数でも店舗運営がしやすくなるというのは、ワイヤレスチャイムを導入する大きなメリットです。

ワイヤレスチャイムを在宅介護で利用するメリット

在宅介護をしている家庭では、介護する人が常に介護される人の状態に気を配っているものです。介護される人が何かしてほしい時に声かけだけでは、室内では聞こえない場合も多くなります。そのような時に活躍するのが、ワイヤレスチャイムです。家庭でもワイヤレスでチャイムが鳴り響くようにできるので、介護をスムーズにできるメリットがあります。

介護者が受信機を持っていれば、介護される人はワイヤレスのチャイムを鳴らすだけで相手に届きます。送信機をベッドの側に置いておくと、すぐにでも家族を呼べる安心感があるのは非常にメリットがあるものです。在宅介護では、室内の離れた場所にいることも少なくありません。庭に出ていることや洗濯を干していることなども普通にあるものです。

その度に、介護をしている部屋に戻って様子を伺う必要が出て来ます。ワイヤレスチャイムを活用すれば、家で離れた場所に居ても呼び出してもらえるので、利便性がとてもよくなります。しかも、介護される人にとっても呼び出しがいつでもできるというのは、大きな安心感になるものです。何か体調の異変や困りごとがある時でも、すぐに家族を呼び出せる環境を作っておくことで、早めの対処ができるようになります。

在宅介護にもワイヤレスチャイムを上手く活用して、安心と安全を少しでも高められるようにできるのです。

日常生活にワイヤレスチャイムを

ワイヤレスチャイムをご存じでしょうか。配線工事が不必要で簡単に取り付けることができ、また、ワイヤレスなので呼び出しボタンを持ち運ぶことができるチャイムのことです。ファミレスなどの飲食店で一度は押したことがあるのではないでしょうか。そんなワイヤレスチャイムが生活の手助けになるかもしれません。玄関にインターホンの代わりとして設置するのはもちろん、風呂場やトイレ、また、被介護者自信にワイヤレスの受信機を持たせたり、ベッドの近くなどに設置しておけば、もしもの時にすぐに人を呼ぶことができます。ワイヤレスチャイムの種類によっては、送信機と受信機が複数個ある物もあるので、例えば家族のそれぞれの部屋に受信機を設置すれば、食事の際など集まってほしい時に簡単に家族全員を呼び出すことができます。また、人感センサー付きのチャイムを用いれば防犯になるだけでなく、例えば、一人暮らしの老人などの安否確認にも使うことができます。
様々な場面で役に立つワイヤレスチャイムですが、最近ではチャイム機能の他にカメラや通話機能を備えた商品も増えてきており、それに伴い、送受信機同士の機動範囲や自発電式、電池式なども物により異なってくるので、用途に合わせて用いることで生活の幅が広がるのではないでしょうか。

そこでワイヤレスのチャイムが欲しいのなら、『ビーコール』がおススメです。このサイトには色や形の種類がたくさんあって、きっと求めている理想のワイヤレスチャイムが見つかるでしょう。ぜひ一度ご覧ください。